日本台湾の英雄「鄭成功生誕の地」平戸市

鄭成功記念館

鄭成功は中国大陸で、明が衰退し、清が勃興した時代の変革の大混乱期に「抗清復明」をかかげ大活躍した人物です。
父は中国人海商の首領「鄭芝龍」で明王朝の遺臣、母「田川マツ」は長崎の商人の娘で二人の間に日中混血の子として生まれました。幼名を「福松」、中国名「鄭森」といいますが、のちには明の隆武帝より、明王朝の国姓「朱」を賜ったことから「国姓爺」と呼ばれました。明王朝滅亡後は、オランダ支配下の台湾を制圧し、台湾の開発を促進したことから「開土王公」と呼ばれ、いまだに尊敬されています。
病没するまで明王朝復興を願い、大陸の清と戦い、日本では近松門左衛門の「国姓爺合戦」のモデルとして有名です。
鄭成功記念館は、東アジアの英雄「鄭成功」が7歳まで育った世界にひとつしかない生家を再現すると共に、「鄭成功」の偉業を顕彰し後世に伝えるため再現されたものです。
お知らせ
  • 英語・繁体語・簡体語版を更新しました。
    このページの一番上の右側から言語切替えができます。
    平成26年7月11日
  • ホームページを公開しました。平成25年7月11日
お問い合わせ