世界文化遺産 登録決定 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

平戸市内からは
・平戸の聖地と集落(中江ノ島)
・平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)
が構成資産として世界遺産となりました!

中江ノ島と春日集落と安満岳

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産について

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、キリスト教が禁じられる中で日本の伝統的宗教や一般社会と共生しながらひそかに信仰を続けた潜伏キリシタンの伝統(信仰継続のための信仰の秘匿や移住先の選択)の証しとなる遺産群です。遺産群は、伝統の始まりから形成、維持・拡大の段階を経て、新たな信仰の局面の到来によって伝統が変容するまでの歴史を物語る12の構成資産からなり、大航海時代のキリスト教布教地の東端にあたる日本の中で、もっとも集中的に布教された長崎と天草地方の半島や離島に点在しています。

  1. 原城跡
  2. 平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)
  3. 平戸の聖地と集落(中江ノ島)
  4. 天草の﨑津集落
  5. 外海の出津集落
  6. 外海の大野集落
  7. 黒島の集落
  8. 野崎島の集落跡
  9. 頭ヶ島の集落
  10. 久賀島の集落
  11. 奈留島の江上集落(江上天主堂とその周辺)
  12. 大浦天主堂