平戸ってどんなとこ?

hirado

長崎県の北西に位置する平戸市は、日本の陸路(離島除く)の最西端に位置する歴史とロマンがあふれる城下町です。400年ほど前、日本で最初の西洋貿易港としてイギリスやオランダとの交流が始まりました。西洋文化の橋渡しとなった平戸。オランダ商館や平戸城を始め、歴史を物語る建物や史跡を見て、平戸の歴史とロマンに少しだけ触れてみて下さい。海に浮かぶ美しい島々に残された先人たちが積み重ねた本物の歴史に酔いながら、平戸はまた新たなロマンを求め続けます。

hirado

hirado

平戸を訪れると数多くの教会に出会います。教会の美しい外観、神秘的な雰囲気の内観に思わずうっとり魅入ってしまいます。時は1550年、平戸へフランシスコ・ザビエルが訪れて以降広まった平戸のキリシタン信仰。厳しい禁教時代がありながらも今なお平戸に息づいています。現在、平戸の人口の約1/10がキリスト教を信仰し、13のカトリック教会があります。特に田平天主堂と宝亀教会は世界遺産構成資産候補として挙がっています。信仰の尊さを感じながら平戸の教会を巡ってみてはいかがですか?

hirado7

hirado

平戸の1/5は西海国立公園に指定され、美しい海と大自然が広がっています。大草原が広がり、頂上からは辺りの海や島が一望できる絶景の「川内峠」、生月島の西側に広がるリアス式海岸の屈曲に富んだ海岸線の道路「サンセットウェイ」、長崎県で初めて国の重要文化的景観に選定された平戸島西部の棚田群(春日の棚田)や農漁村風景など、思わず感嘆してしまう美しい自然風景の数々をお楽しみ下さい。

hirado

hirado

「じげもん」とは長崎弁で「地元の物(者)」という意味。平戸では旨いじげもんがテンコ盛り!豊富な海の幸に、和牛の発祥と言われる平戸和牛をはじめとする農産物、平戸ちゃんぽん、シュガーロードの出発点として歴史のある平戸スイーツ。平戸の食に思わず舌鼓を打って下さい♪

hirado